2017年3月27日月曜日

夏営地をジオラマで再現

今回の企画展ではパネルを使って説明するだけでなく、現地の様子をジオラマでも再現してみました。展示室で常時上映していた映像作品『チベット牧畜民の一日』と見比べるなどして、多くの方に楽しんでいただきました。

チベット牧畜研究チームが毎年お世話になっているご家族の夏の営地(キャンプ地)がモデルです。


企画展パネルその5 テントで暮らす

企画展のパネルを再現するシリーズ第5回はテントです。伝統的な暮らしはここ十数年で大きく様変わりしています。牧畜民の人びとも、私たちと同じように快適な暮らしを追求しています。

* * *

སྦྲ། ヤク毛のテント 

牧畜生活では、草を求めて季節に応じた移動が必要なため、人びとは移動性に優れたテントで暮らしてきました。かつてはヤクの毛から作った黒テント(ラ)が主流でした。



2017年3月26日日曜日

企画展パネルその4 チーズをつくる

企画展のパネル再現シリーズ第4回、チーズのつくり方です。チベットのチーズはどんなものでしょうか?

* * *

ཆུར་བ། チーズ
たんぱく質は家畜の肉からも摂取できますが、屠畜の時期は限られており、いつでも肉を食べられる訳ではありません。たんぱく質のかたまりであるチーズは乾燥させることで長期間保存できる貴重な食料です。



2017年3月25日土曜日

企画展パネルその3 バターをつくる

企画展のパネルを再現するシリーズの第3回。バターのつくり方です。

* * *

མར། バター
ミルクは完全栄養食品ですが、保存の難しい食品でもあります。人びとはミルクに様々な加工を施すことで、保存の効く乳製品をつくり、それによって安定した食生活を獲得してきました。中でもバターは、最も価値の高い乳製品として重視されてきました。



企画展パネルその2 乳を食べる

企画展のパネルを再現するシリーズの第2回。ミルクの食べ方です。

* * *

དཀར་ཟས། 乳製品
牧畜民の主食は、農業地帯から運ばれてくるオオムギやコムギ、コメですが、一方で乳製品も、食事に欠かせないものです。ミルク茶、バター、チーズ、ヨーグルトなど、様々な形で食卓を彩ります。

朝食には、炒ったオオムギを挽いた麦こがし(ツァンパ) にたっぷりのバター、粒状の干しチーズ、砂糖を入れ、熱々のミルク茶を注ぎ、手で練って団子状にして食べます。



2017年3月21日火曜日

企画展パネルその1 家畜を飼う

企画展のパネルを再現するシリーズの第1回。まずはチベットの人たちが飼っている家畜の話です。
* * *

牧畜とは、家畜から得られる乳や肉、毛などに衣食住の多くの部分を依存する生活スタイルを指します。湿潤なアムドにおける牧畜の主役はヤク。この他に、ヒツジやウマなども飼われています。





ご来場ありがとうございました

2017年2月13日から3月11日まで東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所にて開催した「チベット牧畜民の仕事展」にはたくさんの方々にご来場いただき、まことにありがとうございました。


「チベットの普通の人びとの今の暮らしがよくわかった」 「チベットを五感で感じられた」「パネルや映像、ジオラマ、現地で実際に使っている道具などから多面的に味わうことができた」「ことわざやなぞなぞなどもあって楽しかった」などなど、ご好評をいただきました。小さなお子さんたちにも楽しんでいただけたようで何よりでした。

期間中毎日上映していたドキュメンタリー作品「チベット牧畜民の一日」は、研究チームがお世話になっている牧畜民の家庭の夏の様子を撮影したものですが、女性たちが生き生きと働く姿を美しい自然とともに映し出した映像は、多くの方に喜んでいただきました。

企画展は終了しましたが、またどこかでお目にかけることができれば幸いです。
ドキュメンタリーは研究チームが今後いろいろな場所に上映に伺いますので、また観に来てください。

このブログでは、今後、展示パネルや展示品を順次ご紹介していきますので、どうか引き続きご注目ください。

 「チベット牧畜民の仕事展」実行委員会一同